日焼けと脱毛について

脱毛サロンやクリニックでよく言われるのは、「日焼けしないでください」という言葉。
夏場に日焼けをするな、と言われると結構大変なのですが、それでもひどい日焼けをしていると脱毛はできませんので注意が必要です。サロンによっては全く照射ができないまま、1回消化となってしまう場合がありますので日焼け、特に海などでオイルをぬって焼く、なんてことは絶対にしないようにしましょう。

 

なんで日焼けしたらいけないの?

顔はお化粧をしているのでそんなに唐突に焼けることは無いとは思いますが、休みの日についついノーメークでコンビニなんて行ったりしてうっかり焼いちゃった!というのも気をつけなければなりません。
この程度では脱毛を断られることはありませんが、紫外線によって肌が乾燥し刺激を感じやすくなってしまうので痛みが激しくなる可能性があります。
とにかく少しでも日焼けしないように気をつけるようにしましょう。

 

そもそも日焼けそのものが肌ダメージ状態

ダメージがある肌にさらにダメージを与えるようなことをすることはできませんよね。
特に鼻下のようなデリケートな場所は他の部位よりも神経質になりがちです。
日焼け以外にも大きな肌トラブルがあれば、もちろん照射はできません。
そのような状態の時に照射してしまうと、乾燥している肌がさらに乾燥し、シミやそばかすの原因になったり色素沈着も起こりがちになります。
このくらい大丈夫、と思ってもサロンやクリニックでは何かあっては大変なので少しのことでも照射してくれません。
とにかく日焼けには十分注意してください。

 

日焼けしていると効果が低くなる?

レーザーや光脱毛というのは、毛の黒い部分に反応するようにできています。
日焼けをしてしまって肌が黒い状態だと必要以上にレーザーが反応して痛みが強くなることがあります。
ほくろや色素沈着している部位には照射をさけますよね?
それは毛以外の黒にも反応してしまうためなんです。
日焼けした肌に照射することで、レーザーが反応しすぎてしまうということもありますが、その逆もあります。
肌が黒いため、照射する場所が毛以外にも拡散されてしまい効果が落ちてしまうといったこともあります。

 

まとめ

日焼けしてしまうと脱毛ができない理由を色々と挙げましたが、とにかく少しのことでもサロンもクリニックも神経質になりますので、特に鼻下の場合は顔になるためなかなか簡単には照射してくれません。
一度日焼けしてしまうとなかなか照射することができなくなってしまうので、脱毛にかよっている間だけは、日焼けしないように徹底的に注意しましょう。
紫外線は肌にとって本当に刺激の強いもの。
肌をかなり痛めてしまうので、施術後もできるだけ日に当たらないようにしましょう。

関連ページ

何回通えば鼻下のムダ毛は気にならなくなるのか
鼻下脱毛の安全性について
施術前・施術後、メイクはしてもいい?
インプラントがあると鼻下脱毛はできない?
医療レーザー脱毛は痛い
ここを押さえてニッコリ脱毛!無料カウンセリング、コツのコツ
鼻下脱毛に限らず、脱毛を考えている人の強い味方になってくれる「カウンセリング」。でもどんなことを聞けばいいのか、不安に思っている人も多いはず。今回は無料カウンセリングについて徹底解明しちゃいます!